歯周病

歯周病は虫歯と並んで、歯を失う大きな原因の1つです。

 

■歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気で、日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどなく、そのため、気が付いたときにはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。歯槽膿漏はお口の中の状態にとどまらず、全身の健康状態にまで深い影響力を持っていることが分かってきています。歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です。被せ物、入れ歯、噛合わせ等でも原因となることがあります。また、心臓病、糖尿病、肺炎、骨粗しょう症、早産、喫煙との関係性もあります。

 

被せ物による歯槽膿漏
嚙み合わせが合わない被せ物でご自身が気がつかないうちに酷くなっている場合があります。

 

 入れ歯による歯槽膿漏
部分入れ歯は残っている歯にバネをかけますが、入れ歯が合っていない状態で使用しているとその歯に大きな負担がかかり揺れ出すことがあります。

 

糖尿病
糖尿病で無い人に比べ歯周病になるリスクが高いと言われています。また治療により炎症が改善されると、血糖値も改善されると言われています。

 

心疾患
歯周病のある人は、歯周病が重篤であればあるほど発症リスクは高くなると言われています。

 

早期低体重児出産
妊娠中の女性で歯周病の無い人と比べ、低体重児出産や早産する確率が高いと言われています。

 

骨粗鬆症
全身的に骨が弱くなり歯を支える歯周組織にも影響があると言われています。

 

喫煙
免疫力の低下等により喫煙者は、非喫煙者と比べて2~4倍歯周病になりやすいといわれています。

 

歯槽膿漏は、世界中でもっとも多くの人がかかっている病気で、日本でも成人の8割は歯槽膿漏と言われています。この病気のやっかいなところは、ほとんど自覚症状なしに病状が進み、気が付いた時には抜歯しなくてはいけないほどにまで悪くなっている場合があることです。さらに悪いことには、歯槽膿漏はお口の中の状態にとどまらず、全身の健康状態にまで深い影響力を持っていることが分かってきています。

 

■歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です

プラークは細菌の塊です。歯周病は予防が一番大切です。予防とは、歯磨き、正しいプラークコントロールをすることです。当医院では、正しいブラッシング方法を覚えて頂くため、口腔内をチェックし、それぞれの人に適したブラッシング法を指導しています。免疫力の低下も歯周病の進行に大きく関わるので、一生御自身の歯で楽しく食事が、出来るようになり一層歯周病予防に対して慎重になる必要があります。

 

 ■歯周病になったらどうすれば良いのか

進行した歯周病はプラークコントロールだけで治ることはありません。歯周病の進行具合によって、スケーリング、ルートプレーニングで改善しない場合は、歯周病外科治療などの
処置が必要になります。

 

歯周病治療の流れ

問 診 まずは、現在の健康状態やこれまでの経過など、今後治療を行っていく上で参考となる情報について患者さんから話を聞きます。
ya-sita  
歯周病の検査 レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を検査します。
ya-sita  
プラークコントロール指導 歯周病の最大原因はプラーク(歯石)なので、正しいプラークコントロールの方法を指導します。
ya-sita  
スケーリング(歯石取り) 

超音波スケーラーという器具を用いて、歯石を取ります。

 

ya-sita  
ルートプレーニング スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石や、細菌に感染した歯質を除去します。
ya-sita  

≫歯周病外科治療(フラップオペ)

≫歯周組織再生療法(GTR法)

歯ぐきを切り取って骨を出し、奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、溶かされてしまった骨を回復させる処置を行ったりします。
ya-sita  
歯周病後のメンテナンス

定期的なメインテナンスを行うことが、歯周病の再発を防ぐために最も重要です。

 

 
ha-50

 

歯周病外科治療(フラップオペ)

h01   切開
ya-270    
h02   除去
ya-270    
h03   縫合
ya-270    
h04  

パック

ya-270    
h05   治療後
 
ha-50

 

歯周組織再生療法(GTR法)-保険外治療(自費)

gtr-1   切開
ya-270    
gtr-2    
ya-270    
gtr-3   除去
ya-270    
gtr-4  

GTR膜

ya-270    
gtr-5   縫合
 
gtr-6   治療後
 
ha-50

 

歯周病治療チェックシート

歯周病は、自覚症状がなく気付かないうちに進行してしまいます。下記チエック表に当てはまるようであれば要注意です。

以下の歯周病チエックシートにチェックがふたつでもあると歯周病の可能性があります。

一度歯科医院でのチエックをお勧めします。

 

硬い物を噛むと痛い

歯磨きをすると、出血する

冷たい水や熱いお湯がしみる

歯ぐきが赤く腫れている

歯ぐきが痛い

口臭がある

歯がグラグラしている

歯の間に食べ物がよくはさまる

歯が長くなったように見える

喫煙している。または、以前喫煙していた

糖尿病、高血圧である

朝起きたとき、口の中がねばねばしている

妊娠や更年期でホルモンバランスの変化がある

 

 

優しく分かりやすい治療を心がけています。

治療期間や費用など、お気軽にご相談ください。

診療時間 日・祝
9:30~13:00 × ×
15:00~20:00 × ×

△土曜午後は14:00~18:00となっております。

661-0035 
尼崎市武庫之荘1-2-3 
清水歯科医院


・阪急神戸線 武庫之荘駅
北出口より徒歩1分
・近隣駐車場有り
(パーキングチケットをお渡しします)